現世界王者

WBO Sフェザー級王者
ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
9勝7KO1敗

拍子抜けする戦績だが、2階級制覇最短記録保持者
アマ396勝1敗、北京、ロンドン金メダリスト、その他世界選手権金ばかり。
次元の違う超絶天才が順当に?王者に君臨してしまいました。
ここ3戦連続、世界王者対決でも一方的で相手は途中棄権してしまった。
WBC Sフェザー級王者
ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)
32勝28KO1敗
激闘王バルガスをTKOして王者になった同国の選手。
オーソドックスなスタイルだが異様にKO率が高いのは好戦的である上、左が多彩で角度、タイミング、連打が相当効くから。
確かなる武器を持った正統派。
三浦の挑戦も退けた。
WBA Sフェザー級スーパー王者
ジェスレル・コラレス(パナマ)
22勝8KO1敗
11度防衛の安定王者内山高志を破った新王者。
まだ無名なので次戦が内山との再戦となったが身体能力で返り討ちにした。
俊敏で反射神経がよく身体も柔らかい。
これからが真価のミステリアスな王者
IBF Sフェザー級王者 ジェルボンタ・デービス(アメリカ)の体重超過で空位